進化していくゲーム機の買取

世界で初めてのゲームはアメリカのマグナボックス社によって、100ドルで発売されたビデオゲームだといわれています。日本ではその3年後、1975年に発売された2人でプレイするテニスのテレビゲーム機が最初です。その後1979年には、当時大変流行したゲームである、ブロック崩しが発売されました。翌年の1980年、ある程度の年齢以上の方は誰もが知っている携帯ゲーム機が発売され、話題となりました。さらに3年後の1983年いは、ゲーム機本体をテレビに接続して遊べるファミリーコンピューターが発売され、爆発的にヒットすることになりました。

ゲームファミリーコンピューターは、専用のコントローラーでプレイできることが画期的でした。またそれまでは、ひとつのハードでは同じゲームしか遊べなかったのですが、ファミリーコンピューターは、カセットと呼ばれる専用のゲームソフトを交換して、遊ぶことができるようになったことも、ヒットの要因です。

名作と言われるゲームがどんどん生まれたのもこの頃です。ファミリーコンピューターだけではなく、各社から据え置き型ゲーム機が開発され、ゲームは爆発的に流通するようになりました。現在はゲームは誰もが遊べる娯楽となっており、スマートフォンアプリを使って遊ぶゲーム、インターネットを使って楽しむオンラインゲームなど、多様化してきています。使わなくなったゲーム機を買取する業者も多くあり、買い取りを依頼したり、中古で購入する方も多くいます。